ディーンフジオカ、ハンサムで多才な男の「子育て」とは?

未分類

ディーンフジオカさんは、海外でデビューされ、その後日本でもモデル業界音楽業界芸能業界で大きく活躍されていますよね!

そして、ハンサムで才能にあふれた方です。

そんな彼には、美人な奥さん三人のお子さんがおられます。

メディアでの顔だけでなく、家庭での、として、としてのディーンフジオカさんが気になって調べてみました。

ディーンフジオカ

  • 生年月日:1980年8月19日
  • 本名:藤岡竜雄(ふじおかたつお)
  • 出身:福島県須賀川市 千葉県鎌ケ谷市育ち
  • 身長:180㎝
クランクイン!

父親としての顔

家族と離れて暮らす

ディーンフジオカさんの奥さんとお子さんたちは現在インドネシアのジャカルタに住んでいます。

LOVE&PEACE
tsuru~蔓~

こちらがディーンフジオカさんの奥さん(ヴァニーナ・アマリヤ・ヒダヤット)とお子さんたちです。

奥さんの方はモデルをされていたのでとてもきれいな方ですね。

上二人は双子で、長男(カイ)くん 長女(リン)ちゃん 次男(シン)くんです。

 仕事で海外と日本を行き来していたようですが、コロナ禍でほとんど海外に行くことはできなくなったそう。

ジャカルタの家族とは実際に会える回数がへり、もっぱらビデオ通話などで家族だんらんを過ごしていたそうです。

ディーンフジオカさん自身、家族と遠く離れて暮らすことには、

「家族に会えるのは3ヶ月に一度程度で、僕がジャカルタに行くこともあるし、家族が日本に来ることもあります。会えるときは極力仕事は入れずに家族との時間を大切にしています」。

https://fqmagazine.jp/56804/deanfujioka/

と、こう語っています。

しかし、しばらくお子さんに会うことが出来ないと、久しぶりに会った時警戒されてしまうようです(´;ω;`)

そんなとき、ディーンフジオカさんはめげずにたくさんスキンシップをとるそうです。そうすると子どもたちが安心してなついてくれるのだとか。父親として子どもとの接点を大事にする姿勢が素敵ですね。

このように、単身赴任の形をとっているディーンフジオカさん。

単身赴任といえば、久々に家族のもとに帰ってきたお父さんは全然相手にされないということよくききませんか?

今でも日本では父は働き母は子育てという構図が根強いですが、子どもにとって父親の存在とはとても大きなものらしいです。

アメリカの学者ロナルド・ローナー氏。コネチカット大学の研究所長であり、人類学者です。彼の父親とその子どもとの関係性についての研究の結果というのは、以下です。

  • 子どもの性格は父親で決まる
  • 母親よりも父親の愛情を多く感じて育つ子どもは、幸福感や人生の充実感を感じる
  • 父親から、愛されていない、認められていないと感じながら育った場合、敵対的,攻撃的,感情的に不安定な傾向が見られる

家庭にいても父は蚊帳の外というご家庭も少なからずあるなかで、ディーンフジオカさんのように離れていてもしっかりコミュニケーションをとろうとする姿はお子さんにとってとても重要なことなのですね!

インドネシアで子育て

そんなディーンフジオカさん、一度は家族みんなで日本に移住することを考えたようです。

それがベストだったんじゃないかと思う人のが多いと思います。例にもれず私もです。(笑)

では、そうしなかったのはなぜでしょう。それについてディーンフジオカさんは子育てのしやすさを一番に考えていたそうです。

では、日本ではなくインドネシアで子育てをすることにディーンフジオカさんはどう考えているのでしょう?

「日本ではなくインドネシアで子育てをしようと考えた大きな理由の1つは、祖父母や親戚、ベビーシッターやお手伝いさんなど、社会全体で子供を育てる風土や環境が整っていることです。

一方で、日本には、夫婦の中で子育てを完結しなきゃっていう空気がありますよね。でも僕はそれ、本当に大変な事だと思います。だって2人じゃ難しい時もあるじゃないですか。それを知っているから、日本のお母さんは大変だろうなって思っちゃうんですよね」。

https://fqmagazine.jp/56804/deanfujioka/2/

インドネシアは奥さんの母国でもあります。

家族みんなで子育てをすることがふつうなのですね。

そして、ベビーシッターやお手伝いさんに関してはまだ日本では珍しい制度ですよね。

たしかに、日本でベビーシッターを雇うことってなかなかないですね。全くの他人に子どもを預けることに抵抗はあるとおもいます。

日本人とインドネシアに住む人とのその意識の違いはどのようなものなのでしょうか。

インドネシアの教育観として、「子育てに人の手を借りるのは当たり前」だという背景には、インドネシアが多文化多宗教であり、昔からそれぞれ認め合って国が成り立ってきたということがありそうです。

他にも、会社の産休制度で、3か月間は給料全額支給だったり、病院に行く際は保険に加入すれば窓口ではお金を支払わなくてよいなど、子連れ家族に優しい制度もあるみたいですよ。

詳しくはこちら

ディーンフジオカさんの言う通りで、夫婦二人だけで子どもを育てなくてはならないと思い込んでいると、どうしても立ち行かなくなって苦しくなったり、子どもにそのとばっちりが回ってきたりしてしまいます。

もちろん、子育てをすべて他人任せではなく、助けてほしい時にカジュアルに周りの人とコミュニケーションがとれると、ややこしいことは手伝ってもらい、その分できた余裕を子どもに愛情をささげる時間にできたらいいですよね。

奥さんに連れ子

ディーンフジオカさんの奥さん、「ヴァニーナ・アマリヤ・ヒダヤット」さんには連れ子がいます。

2017年3月のウェブサイト「週刊女性PRIME」がその事実を報じました。お子さんは当時で20歳ということだったので、2022年現在は24歳か25歳あたりでしょうか。

トレンディトレンディ

こちらがディーンフジオカさんの奥さんと一緒に映る連れ子さんです。

ディーンフジオカさんの三人のお子さんにとっては年の離れたお兄ちゃんということになりますが、ディーンさんは彼についてどう思っているのでしょうか?

どうやら、奥さんと出会った当初から連れ子の存在は知っていたようです。

ディーンフジオカさんは週刊誌の取材に、

大切な家族の一人です。

とコメントされています。

ほかにも、連れ子さんは、きょうだいたちの面倒をみたり、家族の誕生日パーティーに参加したりとディーンフジオカさんと多くの交流があるようです。

ディーンフジオカの教育観は?

モデルや俳優、ミュージシャンに映画監督と多才に多くのことをこなすディーンさんですが、子どもには、広い視野で世界を見て、ボーダーレスに生きていってほしいそうです。

そのために、ディーンフジオカさんは子どもたちの教育にインドネシアの文化を取り入れています。

「インドネシアは多民族国家。人種も宗教も違う子供たちが同じ授業を受けている。子供たちが今後歩んでいく人生においても、多様性のある環境に身を置いた方がいいと思うんですよね。

https://fqmagazine.jp/56804/deanfujioka/2/

インドネシアという国のこのような特徴をディーンフジオカさんは子どもたちに良い影響があると見込んでいます。

実際インドネシアの学校教育ってどうなの?

日本のほうがしっかりしているでしょ。と思われるかもしれません。

しかし、インドネシアも日本と同じ学歴社会だそうです。

インドネシアの就学率

2018年の統計データで、小学校、中学校の就学率はそれぞれ99.22%95.36%、高校の就学率は71.99%、大学は27.92%で、男女や都市部と農村部でも大きな差はみられません。

詳しくはこちら

教師のレベルに関しては、高校卒業後、最低でも学士または高校卒業後に専門的教育を4年間を修了した者が適当であるとしています。

小学校から中学校は義務教育で、公立学校は無料で通えます。日本と同じですね!

放課後ににかよう子どももいるようです。

多文化主義が謳われる世の中になりましたが、まだまだ日本は島国で、歴史的にも他国との交流が他の国に比べて少ないなどから、いろいろな人種、宗教、文化がまだ物珍しいものだったり、外国人が暮らしにくかったりしますよね。

この点に関しては、インドネシアのほうが優れているとディーンフジオカさんはきっと思われたのでしょう。

ディーンさんは大学はアメリカ、モデル活動で香港、俳優で台湾を拠点にしてこられました。様々な国の在り方を見、それが現在の父親としての教育観につながっているのかもしれません。

まとめ

さて、モデル、俳優、音楽制作とさまざまな分野で活躍されているディーンフジオカさん。ハンサムフェイスと紳士的な大人の彼の父親としての顔はどうでしたでしょうか。

イメージ通りでしたか?それともギャップを感じましたか?

それにしてもディーンフジオカさんらしい広い視野とグローバルな教育観でしたね!

家族と離れて暮らしていても自分にできる精一杯の子育てをされている姿は本当にいいパパですね!

ねとらぼ

最後ま見ていただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました